読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっちゃいけないフィールドワーク

ホームレス、リストカット、風俗、自慰行為などなど――。気になってはいるけど、 なかなか人には聞けないモヤモヤ…… そんな世の中の「?」を2人の大学生が解き明かす!?

【行ってみた】タイ古式マッサージ

アダルトフィールドワーク ASUKA 注目記事

池袋に通っていると、しょっちゅう見かける“ある看板”。

 

f:id:yanagisawakobayashi:20151115181038j:plain

 

10分歩いただけで、「タイ古式マッサージ」をこんなに発見。

 

「タイ古式」という世の中的にはマイナーなマッサージ店がこんなにあるとは、これ如何に。

 

そもそも、タイ古式マッサージって、なに? 気持ち良いの?

 

と、いうことで、今日はタイ古式マッサージ店に行ってきました。

 

 f:id:yanagisawakobayashi:20151115181036j:plain

 

 今回、僕が訪れたのは、某大学から歩いて2分程度のところにある、「ギンナリー」というお店。店前の看板によると、「春のキャンペーン!! 20%OFF!!」。羽振りいいじゃないですか(今の季節は紛れもなく秋ですが)。

 

 

さらにホームページでは「『世界一気持ちいいタイ古式マッサージ店』を目指してます!」とのこと。期待できますね。

 

 

ギンナリーが入る雑居ビルの3階に到着すると、「イラシャイマセー」とお姉さん(いや、おばさん?)がご挨拶。「初めてですけど、いいですか?」と問うと、笑顔で「ドウゾー」。

 

「40分コースでお願いします」と告げ、料金の3100円を払う。その後、施術室へ案内され、据え置きのパジャマに着替えるよう指示される。もちろん、お姉さんはしばし退出。

 

f:id:yanagisawakobayashi:20151115181034j:plain

 

施術室は、タテ3メートル、ヨコ1.5メートルといったところ

 

着替え終わってお姉さんを呼ぶと、なぜか足洗がスタート。大きめの洗面器のなかで、足をモミモミしてくれる。うん。なかなか気持ち良い。

 

「タイの方ですか?」

 

「ハイ」

 

「日本来てどれくらいなんですか?」

 

「ゴネンデスネー」

 

日本語もお上手である。

 

2分ほどの足洗が終了すると、お姉さんは「ウツブセデマッテテクダサイ」。再び独り身になる。

 

すぐに施術再開なのかと思いきや、3分たっても戻ってこない。部屋の外からタイ語と思われる言葉・笑い声が聞こえる。お姉さんは同僚と談笑をしている模様。おいおい。

 

4分程度でカムバック。ようやく本格的なマッサージが始まった。

 

「ドーデスカー、イタイデスカー」

 

「あー、大丈夫っす」

 

親指で背中を圧される。まぁまぁ痛いが、マッサージなんてこんなもんだろう。耐えるしかない。

 

「はは、はは」

 

脇腹、そしてワキをモミモミされ、無意識的に、笑いが……。ヤ、ヤバイ。こらえなければ大爆笑の沼にはまってしまう。知ってるでしょ、お姉さん? オレはワキが弱いんだよ。小学生のころ、クラスメイトに刺激されて、いつも笑ってた。

 

「カラダ、リラックスシテクダサイネー」

 

うっせーよ。オレは笑いをこらえてるんだよ。うわー。くすぐってー。

 

この攻防が3回ほど続き、今度は首のマッサージ開始。お姉さんは僕の背中に馬乗りなって、力いっぱい首裏の指圧。うわー。コレはマジで痛い。なんかゴリゴリいってるぞ。

 

「イタイデスカー」

 

「い、痛いです」

 

「ハハハ。ダイジョブデスカー」

 

ハハハじゃねえよ。痛いよ。乗っかられてるから、首に加えて背中もしんどい。これが(たぶん)5分続いた。

 

「オワリデース」

 

やっと終わった。帰れる……。

 

「アオムケニナッテクダサーイ」

 

え? まだ続くの? なんてことは言えず、指示に従い、身体を反転。休む暇なく、マッサージが再開。足をモミモミ、スネ裏をポンポン、太ももをギュウギュウ。どんどん、お姉さんの手が上半身に迫ってくる。

 

このままだと、股間だ。いや、さすがにソコはマッサージしないだろう。

 

お姉さん、僕の太ももに乗っかり、両手を股関節に。

 

そして、手のひらでその部分をスリスリ。ときたま、ブツにお姉さんの手が当たる(もちろん、パジャマ&下着越しだが)。アッ、アッ……。

 

僕、目を閉じて視覚的刺激を遮る。何か別のことを考える。ここでブツがアアなったら、最高に格好悪い。お姉さんも困るだろう。さあ、集中。精神統一だ。

 

「チカラヌイテクダサイネー。チカラヌカナイト、マッサージノイミアリマセンヨー」

 

この言葉を受けてもなお、僕は必死に集中し続け、難局を乗り切った(当たり前のことを書いておくけれど、ブツに対する直接的な刺激は一切ありませんでした)。

 

股間付近のマッサージが終わり、施術も終盤。あぐらをかいた状態で、背中を思いっきり押される。ああ。脚の筋と背中に最高級の苦痛が。そういえば、これとまったく同じことを、中学校の体育の時間の準備体操でやった気がする。

 

「オワリデース。キガエテクダサーイ」

 

出て行くお姉さん。ああ。やっと終わった。痛くて、くすぐったくて、ドキドキして、そして痛くて……。色々あった40分間だった。気持ち良かった足のモミモミが遠い昔のようだ。

 

最後に待合室で出されたお茶を飲んで、退店。お姉さんが来て、「アリガトーゴザイマシター」。

 

f:id:yanagisawakobayashi:20151115181032j:plain


待合室

 

あっ、そうだ。タイ古式マッサージ店がたくさんある理由を訊かなきゃ。

 

「タイジン、ニホンゴカケナイ、ワカラナイ。マッサージナラ、デキマス」

 

な るほど。日本で稼ぐ手段として、マッサージは手軽なわけね。言葉も「イタイデスカー」「ドーデスカー」くらいを話せればいいし、高度な読み書きも不要。料 理人ほど高レベルな技能も必要なく、客の身体をギュウギュウ、ゴリゴリすればいいだけ。ゆえに、たくさんのタイ人女性がマッサーとして極東にやってきてい るわけだ。

 

でも、裏に悪徳ブローカーとかいそうな気がするなあ。借金して日本に来てる可能性とかも全然ある。まぁ、そこまで深いことは訊かなかったけどね。

 

店の外に出てみると、マッサージを受けた身体が……めちゃくちゃ硬くて、重い。肩が張っている。

 

そう。僕は施術の間、常に痛みに耐え、笑いをこらえ、そして精神統一を続けていたため、身体に疲れがたまってしまったのだ。3100円と40分を捧げた結果、手にしたものは、心地悪い疲労感のみ。虚しすぎる。

 

もう、タイ古式マッサージには行きません。

広告を非表示にする