読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっちゃいけないフィールドワーク

ホームレス、リストカット、風俗、自慰行為などなど――。気になってはいるけど、 なかなか人には聞けないモヤモヤ…… そんな世の中の「?」を2人の大学生が解き明かす!?

ホームレス・カフェに行ってきた。

潤p

f:id:yanagisawakobayashi:20160206172356j:plain

代々木公園に面白いカフェがある。
野宿者が運営している、「路上カフェ」だ。

ここまでオープンテラスを忠実に再現している店もないだろう。
なんといっても、貨幣経済を超越したそのカフェで行われるのは物々交換。

つまり、コーヒー一杯飲むためには、
貨幣以外の何かしらを交換する必要がある。

 
場所は代々木公園のテント村

年末から、
「野宿者 0.1%のシアワセ」
というテーマでフィールドワークを行ってきた
やっちゃいけないフィールドのASUKA潤pの2人。

 

yattyaikenaifw.hatenablog.com

 

 

yattyaikenaifw.hatenablog.com

 

年越しの炊き出しで出会い、
前回記事でも触れたEさんは、
実はこのカフェの店主でもある。

カフェは自身のテントの前で開かれている。
つまり、今回はカフェでありながら、
Eさんのお宅にお邪魔してきたような形だ。

Eさん代々木公園のテント村で土日だけやってます。1月2月は寒いんで、日曜だけですが。

 

日曜日の昼下がり、
代々木公園に集合したASUKA潤pは、
まずテント村を探すところからスタート。

もちろん手がかりはない。

f:id:yanagisawakobayashi:20160206172918j:plain

ASUKA:潤pさんは何持ってきたんですか?

潤p:マフラーと、ホカロンと、腹巻と、、、生活必需品系?ASUKAさんは?

ASUKA:僕はねー、ズボンとTシャツ持ってきましたよ。

 

テント村見つからず、
とりあえず代々木公園外周を一周。

 

ASUKA:まったくどこにあるかわからないですね笑

潤p:あ、あれじゃん?

 

小道を発見。
入ってみると、予想通りのテント村が。
ルーシートで作られた家々が並び、
ここだけ時を止めたような独特の雰囲気が漂います。

f:id:yanagisawakobayashi:20160206173138j:plain
*写真はイメージです。

カフェはすぐに見つかった。

すでに複数人の人が集まって、
午後のティータイムを楽しんでいる。

ホームレスと呼ばれる人達と関わることに慣れてきたASUKA潤pは、
何の気なしにその円卓の輪に入り込めている。

それだけでだいぶ昔とは意識の変化した2人。

持ってきた物々交換アイテムをそれぞれ渡し、
15種近い飲み物が書かれたメニューから、
ASUKAは紅茶を、
潤pギリシャハーブティーを注文。
なんともおしゃれな品揃え。

円卓に集っているのは、
Eさんとやちゃいけメンバー2人以外に、
同じくテント村に住む方が2人、
研究者1人、
社会人1人という具合。

だいたいいつも賑わっているという。

円卓に布を引き、下には炭を焼き、
簡易コタツがこのカフェだ。

出てきたら飲み物は、
予想以上に上品なものだった。

どこから持ってきた水かはわからないが、
味は確か。

炭でアルミホイル焼きをしていたじゃがいもも頂き、
塩をふって食べる。

午後の光が差し込んで、
時を止めたその場所は現代社会の喧騒を忘れさせる。

Eさん:就活はどうするんですか?

ASUKAもう僕は決まりましたねぇ。

Eさん:卒論も書いたりしてるの?

ASUKAはい。もう提出は終わりました。

 

Eさんとは何者なのか、
このカフェは一体なんなのか、
なんでこんな活動しているのか

ツッコミどころはいくらでもある。

しかし会話する内容は、
いたって普通の、日常会話。

不思議と質問する気もおきず、
ただその雰囲気に身を委ねた。

f:id:yanagisawakobayashi:20160206173856j:plain

大晦日の炊き出しから始まり、
路上生活者の家にまで来てしまった。

今まで別世界として厳しく線引きしていた世界が
自分の世界に溶け込んでくることに、
特に違和感は感じなかった。

路上生活者と言われる人達のコミュニティは、
誰でも受け入れてくれる。
誰でも溶けこめる。

名前を名乗ることもなく、
お互いの何も知らないが、
それでいいという、
「緩い」関係性がある。

その緩く穏やかな繋がりは、
現代社会にあるような、
個性化を強いたり、
競争に投げ込まれたり、
末期資本主義的な煽られ続ける社会のそれとは大きく違う。

一通りお茶を楽しみ、
カフェを去る時、

「また」

という言葉はない。

また気が向いた時に、来ればいい。

そんな不思議な懐の広さを持つEさんと社会が、
代々木公園の片隅にひっそり今日もあり続ける。

広告を非表示にする