読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっちゃいけないフィールドワーク

ホームレス、リストカット、風俗、自慰行為などなど――。気になってはいるけど、 なかなか人には聞けないモヤモヤ…… そんな世の中の「?」を2人の大学生が解き明かす!?

【インタビュー】アフリカ系のアレは、本当にデカいのか!?

みなさんこんばんは。ASUKAです。
今回のテーマはインターナショナル。
ずばり、
「アフリカ系のフェニックスは、本当にデカいのか!?」
“フェニックス”が何かわからない方は、こちらの記事をお読みください。
よくアフリカ系の方のフェニックスは、日本人のそれよりも巨大(と、いうか巨根)と聞きますが、それは果たしてマジなのか……。

 

 

いろんな意味で国際経験豊富な立教大学4年生のミユキさん(23歳・仮名)に突撃しちゃいました。

f:id:yanagisawakobayashi:20151210233906j:plain

※写真は本文とは関係ありません。

 

ASUKA:これまではどういった人種のフェニックスを目にしてきましたか?

 

ミユキさん:アジア系とアフリカ系ですね。もう少し細かく説明すると、日本人、シンガポール人、そしてナイジェリア人のアレを見てきました。

 

ASUKA:では、単刀直入に訊きます。アフリカ系のフェニックスは、アジア系と比べてデカいんですか?

 

ミユキさん:必ずしもそういうことはないです。同じくらいの大きさのアジア人のアレも経験したこともあります。

 

ASUKA:それっていうのは、臨戦態勢のフェニックスの大きさってことでいいんですよね?

 

ミユキさん:もちろんです。

 

ASUKA:いやあ。驚きました。必ずしも、アフリカンがビッグとは限らないんですね。

 

ミユキさん:まあ、私もアフリカンは1本しか見たことないから、何とも言えないんですけどね。

 

ASUKA:初めてアフリカン・フェニックスを見てしまった感想を教えてください。

 

ミユキさん:デカいというよりも太い。だけど、必ずしも正確にアジアンとアフリカンでどっちがデカかったとか、太かったとかは覚えてないんです。定規で測ったわけでもないし、あくまでも体感レベルでの「デカい」とか「太い」だから。

 

ASUKA:体感である程度の大きさが分かるんですね。

 

ミユキ:だいたい分かります。実際のところ、女子からするとアレの大きさなんて1割も関係ないんですけどね。

 

ASUKA:なるほど。様々な国の人と経験をして、思ったこととかはありますか?

 

ミユキさん:前戯、プレイ、アフターには国境が存在しないっていうのが一番に感じてることですかね。どんな人種でも、どんな民族でも、どんな国籍でも、男は男。女に対するアクションは同じなんだなと思います。

 

ASUKA:なるほど。ありがとうございました。

 

いかがでしたか?
アフリカ系フェニックス=巨大という言説が、必ずしも正しいというわけではないことが判明しました。

 

人種的な話からそれてしまいますが、ミユキさんにインタビューをしていて僕が面白いと感じたのは、テロセクシャルの男性よりも、ヘテロセクシャルの女性の方がより多くの臨戦態勢フェニックスを見ることができるということです。
確かに、ヘテロセクシャルの男性は銭湯などに入ることで、他者の裸体を見ることができますが(あるいは、見ざるを得ない)、そこで目にする大量のフェニックスは限りなく高い確率で通常モード。真の大きさを把握することは不可能です。
一方、女性は特殊な仕事につかない限り、あるいは奔放すぎる生活を送らない限り、人生を通して何本かの臨戦態勢フェニックスと対面することができます。
当然といえばその通りですが、なんだか不思議な話ですね。

 

最後は話がそれてしまいましたが、ミユキさん、恥ずかしい話をお聞かせいただき、ありがとうございました!

広告を非表示にする