やっちゃいけないフィールドワーク

ホームレス、リストカット、風俗、自慰行為などなど――。気になってはいるけど、 なかなか人には聞けないモヤモヤ…… そんな世の中の「?」を2人の大学生が解き明かす!?

【潜入レポート】AV屋さんのツッコミどころ

みなさんこんばんは。ASUKAです。

前回に引き続き、今回も「潜入シリーズ」をお届けします。
今回のテーマは、ずばり……
AV屋さんのツッコミどころ!!

それでは早速、AV屋さんに突撃してみましょう。

 

ツッコミ①
「女性客 大歓迎」の横にキモいポスター
 DSC_1590

 


こちら、入口前の写真なのですが、いろいろと酷いです。

なぜか、「女性客」の各文字が強調されている。

単なる「歓迎」ではなく「大歓迎」となっている。

てか、これを貼り付けたとことで、女性客は絶対来ない。

そのうえ、左横のポスターの内容がひどい。

「巨乳黒ギャルと危険日中●しオフ会」。

「中●し」なんてストレートな女性蔑視じゃないか。

そして、黒ギャルの横にはキモいハゲオヤジ……。

これを見て、入店したいと積極的に思う女性がこの世にひとりでもいたら、僕は驚きます。
――――――――――――――――――――――――――
ツッコミ②
妙に達筆
 DSC_1593

「大特価品」

「新品特価」

「ビッグモーガル」

綺麗な字とは言い難いながら、遠目で見ると達筆で商品アピールがなされています。

なお、大特価のお値段は1,000円。

女優さんの苦労を思えば、1,000円はあまりにも安いかもしれないけれど、

大特価と自慢できるほど安くない気もする……。

あと、ビッグモーガルというのは、AVメーカーの名称だそうです。

普通の客は、ビッグモーガルと格好よく書かれても、何が何だかさっぱりだよ。
――――――――――――――――――――――――――
ツッコミ③
麻美ゆまのポップ(?)の隣に、関係ない女優の作品
 DSC_1595

これをポップと表現していいのかわからないけれど

本屋さんと同様、AV屋にも宣伝用紙が。

しかし、この店はそのポップをまともに使う気なし。

麻美ゆまを宣伝しておきながら、

その横には瑠川リナという女優(知らなくてすまない)のDVDが置いてあります。

病と闘い続けている麻美ゆまなのだから、

せめてしっかりポップを活用してやってくれ(因果関係意味不明www)。
――――――――――――――――――――――――――
ツッコミ④
AV以外のDVDが売ってる
DSC_1592

店の端っこには、アダルト系とは一線を画したDVDが僅かに置いてあります。

『サイモン・パーチ』という作品は、

Wikipediaによると

「1998年に公開されたアメリカ合衆国の映画。

私生児の少年と、生まれながら体が小さい少年の友情を描いたヒューマンドラマ」

とのこと。

その他、洋画やアジア映画のDVDが50本ほど販売中……。

売れる見込み、はっきり言ってゼロだろ。

ツッコミ⑤
謎の装飾
 DSC_1596

DSC_1597
 
数え切れない、切り抜きの数々。

AVのポスターかジャケットを切り抜いたのだろうけれど、とにかく雑だ。

というか、雑とか、そういう問題以前に、こんな装飾、絶対に必要ない。

こんなことをしたところで、店の雰囲気が良くなるとでも考えているのだろうか。

ところで、AV女優の裸体の切り抜きをしているときの店員は、

何を思いながらハサミを手に取っていたのだろう。

「しゃぶりつきたい乳先だぜぇ~」なのか、

「君はこんなに近くにいるのに、なぜ手が届かないんだ」なのか、

「ああ。この仕事辞めたいわ」なのか……。

そんなことを考えているうちに、お客さんが来ず、暇過ぎたがゆえに、

切り抜きをしていたのではという結論に至りました。
――――――――――――――――――――――――――

いかがでしたか?

AV屋で写メをしまくっていたせいで、

僕は店員から睨まれ、店を出るときは「おい!」と怒鳴られてしまいました(マジです)。

足早に逃げましたが、本当に怖かったです。

もしかすると、あの人は店長から「絶対に、5枚は売れ!」って脅されてるのかもw

まぁ、気持ちに余裕がある方は、AV屋さんをネタとして楽しんでくださいwww

広告を非表示にする